座禅とは

ところで禅は古いもの、と思っていらっしゃいませんか?いいえ、今何よりも新しい発想、求められる発想に満ちています。
 

たとえば、ここに塩があったとしましょう。

ある人にとっては塩分の取り過ぎはよくないので毒だと思っています。ある人にとっては塩はなくてはならないものなので薬だと思っています。双方がお互いの主張を信じ曲げなかったとしたら? きっと永遠にわかりあえる日は来ないでしょう。

禅はこのような時、「では、なめてみようではないか」とするのです。「あらら、しょっぱい!これはどうやら取り過ぎは毒、しかし同時になくてはならない大事な薬だ」と知ることは、どちらかに偏った執着をさっぱり洗い流して心を自由にし、どちらでも場面に応じてこだわりなく使いこなせるようにしてくれます。

どちらかに偏るということは、立場や時代の流れなど、流動するものに影響され移り変わっていくもの、いわば不確かなものです。しかし塩の本当の姿は永遠に変わりません。どんなことであっても、その確かな姿を見られる目を養うことは、生きていく上でブレずに不動であると同時に自由になることでもあるのです。

明治期に私たちの道場に縁が深い鈴木大拙氏が禅をヨーロッパに紹介した時、ヨーロッパではこの発想に大変興味を示し、多くの思想に影響を与えました。

 


ご存じのように西洋の発想は常に、善か悪か、神か悪魔か、という考え方が主流でした。
そこにどちらにも偏らず、しかも自由自在の立場でありながら両方を認めた上で使いこなそうという東洋の発想は大変新鮮で大きなブームになりました。時を経て、今、世の中は大きな発展を遂げながらも、いまだ良いか悪いか、敵か味方か、などの観点から争いを脱却できずにいます。社会問題とは究極個人のあり方が反映されたものでもあるのですから、結局ひとりひとりが自分自身をどのように扱っているか、というミクロが問われることになると言えるでしょう。

禅の発想はあらためて今、新鮮なものだと思うのです。
 
坐禅のやり方
 
日本の精神文化と禅

禅は鎌倉時代に日本に入ってきてから、日本人の精神の根底に流れてきました。たとえば武将が小さい頃から禅僧に鍛えられてきた例があります。古くは元寇を退けた北条時宗は最後の決断に幼いころから師事していた円覚寺の禅僧に相談していますし、武田信玄、上杉謙信、直江兼続など実に多くの武将がそうでした。それはなぜかというと、戦場で明日命がないかもしれない、あるいは大きな決断をしなければならないとき、揺れる気持ちを不動にして、正確に正しい道を選択しなければならない、そういういざという時の心のあり方の指針になってきたのです。

これは決して昔の話ではありません。
現代の私たちも常に選択を迫られています。会社で新しいプロジェクトを任される責任、リーダーシップとはどうあるべきか、あるいは仕事で失敗してしまった時の心の持ち方、転職するべきか留まるべきか、あるいは最近特に多い鬱の悩みなど、あらゆる仕事上の悩みにも、禅の発想はとても役に立つはずです。

また、文化でいえば千利休は禅の修行で得た悟りを元に茶道に深い宇宙観を現したといわれていますし、能や俳句にも活かされています。剣道では、柳生宗矩(徳川家光の兵法ご指南役として、柳生新陰流の名を天下に知らしめた人)も、禅僧沢庵和尚の指導を受けております。日本の精神文化は禅をベースにしたものがとても多いのです。もちろんこれも現代に大いに活かせる発想に満ちています。ぜひ国際社会だからこそ日本の豊かな精神を学び味わい、誰もが真の国際人として世界に自信をもって羽ばたいてほしいと願うものです。
 
 

日本の精神文化と禅

 

提供できるもの・・・坐禅・参禅

双方の交流を大事に、共に学ぶ、と申しましたが、ではこちらが提供できるものをご紹介しましょう。
ここは坐禅の道場です。今から130年程前、江戸から明治へ時代が大きく移り変わる激動の真っ最中に、流れに飲み込まれずにどう生きるべきか、ひいては新しい日本に自分は何ができるか、と真剣に問うた人々が、円覚寺の師家(禅の指導者のことです)を拝請してこの場所に坐禅会を開きました。

禅の修行は出家してするもの、と思っていらっしゃる方もおられるでしょうが、社会人だからこそ、どう生きるか、何が正しいのかと問うた時、自分自身の中に答えを見いだしてゆく積極的な道を選びたい人にも、またストレスやいろいろな悩みに心を乱された時の癒しとしても、禅は昔から社会人にとって大きな支えになってきたのです。

禅フロンティアとは ごあいさつ 参加のご案内 坐禅とは 本の紹介 年間スケジュール アクセスマップ リンク 参加申込/問合せ

Copyright© ZEN FRONTIER All rights reserved. (Powered by ImpressCMS)   Login/ Admin...